src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

癒しの杜

美しい日本を取り戻す 随神の道 子供達に日本の素晴らしさを伝えます。

御頭神事

ピーヒャラ ピーヒャラヤ~ ドンドン ピーヒャラ ピーヒャラ ドンドン~

遠くの方から笛や太鼓の音色が聞こえてくる

今日は高向神社の御頭神事 国の無形民俗文化財に指定されているそうだけど、村人にとってはお祭りだー

神事なので屋台なんかは出ないが、笛や太鼓の音が心地よい

こころワクワク、自分も一緒に踊りだしたい衝動に駆られる

朝の8時ごろから神社に奉納の踊りをする 獅子舞だ 勇壮に、華麗に、時にはユーモラスに踊る 引き継がれてきた踊りの文化は、心に響く光景である

 

奉納の踊りが終わると、地区の家々を獅子が廻って、人々の無病息災を祈る

子供の頃、獅子が怖くて泣きだしたことをふと思い出す

 

クライマックスは、夜の火祭り この迫力は凄い 若衆たちの威勢のいい声と笛、太鼓の音が相まって、見ている人も血が騒ぎだす カッコいいです 当に男気とはこのこと

煌々と燃える松明の様は、圧巻! 火の神様に畏れを抱く

 

そして、最後に踊り手の団長の挨拶、素晴らしかった 令和になってもまた、この先もこの御頭神事を引き継いでいくと...

日本の未来は、嬉し嬉しのミロク世界が待っている 

 

親子が仲良くおてて繋いで、高向神社へ なんとも微笑ましい画です

日の丸を掲揚して準備ができました

子供達が太鼓をたたいていました 未来の獅子舞の演奏者

愈々奉納舞が始まります

重そうです

勇壮に舞っています

獅子が大きく口を開けて踊ります

寝そべっています

足を上げて軽やかに舞います

夜の部  松明の火柱の前を獅子頭を振り回し踊ります

おおっ炎が獅子の姿に見えませんか?

最高潮に達しています

舞が終わって若衆たちが火を囲んで歌を歌いながら廻ります 威勢良い掛け声が掛かります

一日の神事がを終えて 団長の挨拶です

獅子もお疲れ様でした 来年まで大切に蔵の中にしまわれます

伊勢観光協会制作のPR動画をどうぞ


高向(たかぶく)の御頭神事

楽しんでいただけましたか?若者が伝統行事に積極的に参加し、運営している姿を拝見してまだまだ日本も捨てたもんじゃないと感じました

最後までお読みくださりありがとうございます

よろしかったら、コメントくださいませ 辛口コメントお待ちしております

 

ちょこっとクリックお願いします